2011年11月18日

RJCカーオブザイヤーに日産リーフ選ばれる!

自動車の評論家のみなさんで構成されている日本自動車研究者ジャーナリスト会議(RJC)が、

今年のRJCカーオブザーイヤーに日産の電気自動車『リーフ』を選出したという記事が

昨日の新聞に載っていました。

新聞を開いていきなりリーフの写真と記事が載っているのを見て目を疑いましたが、

記事を読み進めるうちに、もう時代は環境対策のクルマを選ぶ時代になったんだという

感動を覚えました。

カーオブザイヤーというと、どうしてもスポーティーで若者に絶大な人気を誇るクルマ

といったイメージがあったので、電気自動車リーフがカーオブザイヤーに選ばれたという

ことがはじめは信じられませんでした。

電気自動車リーフは、ガソリンエンジンではなくリチウムイオンバッテリーを搭載して

モーターの回転を利用するという仕組みになっているので、ガソリンを一切使わず

CO2の排出がゼロという夢のようなクルマです。

フルに充電して走行可能距離が200Km、急速充電器で充電すると30分で80%まで

充電することができます。

私も環境を守るために長い研究の末開発された電気自動車がますます増え、大気汚染の

元凶であるCO2を一切排出せず、今ある地球の環境が維持されることをこころから

祈っています。

科学技術の進歩は目覚ましいものがあります。

人にやさしく、美しい地球環境を守ることを最大のテーマとして、各企業が新商品開発に

向けて取り組んでいただきたいと思います。


まずは電気自動車リーフがRJCカーオブザイヤーに選出されたことを喜ぶと同時に、

一台でも多く普及することを願っています。



ブログの人気ランキングに参加中です。ぜひクリックしてくださいね!!

人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



posted by 101匹ニャンチャン at 01:33| 大分 | Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月25日

GT−Rに乗りたーい!!

先日、私の知り合いが日産GT−Rを買いたいと言っていました。

なに、GT−Rと言えば日産の最高級のスポーツカーではありませんか!!

それに付属品だ、諸費用だと全額で1000万円にもなる高級車です。

私は半信半疑でしたが、もし私にお金があったらぜひとも買いたいクルマです。

もうクルマというよりも、究極のマシーンと言った方がいいかも知れませんね!

今はとてもじゃないけど1000万円もするクルマを買える身分ではありませんが、

せっせとお金をためて、いつかきっとGT−Rのオーナーになって、思う存分

走ってみたいと思ってます。

あなたもGT−Rに乗って、スポーティーな気分を味わってみませんか?


ランキングに参加中です。ぜひクリックしてくださいね!!
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



それではまたお会いしましょう!!
ラベル:日産GT−R
posted by 101匹ニャンチャン at 00:56| 大分 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月01日

もっとクルマを楽しもう!!

[クルマ] ブログ村キーワード

みなさんのお宅にはクルマは何台ありますか?車(セダン)

今やクルマは一人に一台の時代となっており、昔のようにぜいたく品ではなく、

生活必需品となっています。

クルマの好みも、昔はスポーティーなクルマを買って、助手席に可愛い女の子を乗せて

走るのがステータスで、日産でいえば180SXやシルビア、ちょっと豪華にスカイラインGT−R

のようなスポーツカーが花形でした。車(RV)

トヨタだったらソアラ・セリカなどかな?

以前は燃費がどうこうというよりも、スタイリングのよさ、走りの快適さなどが追い求められ、

走り屋にとっては、とても魅力的なクルマがどこのメーカーにもたくさん取り揃えられていました。

時代は変わり、経済が安定し、かつてのような高度経済成長が終焉し現実的な選択を求めるご時世と

なった現代では、スタイリングがよくても燃費が今一なスポーツカーよりも、コンパクトカーや

税金の安い軽自動車が好まれるような時代となりました。

安定を求める現代においては、正しい選択だと思います。

しかーし、走りを最優先したい人々にはちょっと物足りないし、安定を求めるよりも、かつての

ように究極のスポーツカーである、最新鋭の『日産GT−R』のような、BMWやポルシェにも匹敵

するかそれ以上の究極的マシーンに乗って、高速で走り抜けたいという願望も持っています。

安定よりも冒険したいという男のロマンを何としても実現したいと思うのは私だけ?

それともあなたもそう思いますか?

もっともっとクルマを楽しみ、単なる運送の手段としてだけではなく、男のロマンを実現するもの

としてのクルマをガンガン走らせることが出来る時代が再びやって来ると素敵ですね!!

おっと、もう時間も遅く無ちゃいましたからそろそろ寝ようかな!!

あなたも、たまにはGT−Rの助手席に可愛い彼女を乗せて、高速道路を滑らかに走り抜ける夢でも

見てくださいね!!眠い(睡眠)それではまた、お会いしましょう!!手(チョキ)



ランキングに参加中です。ぜひクリックしてくださいね!!
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


posted by 101匹ニャンチャン at 00:54| 大分 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月20日

電気自動車に大いなる期待を!!

次世代のクルマとして注目されているのが、環境対策と省エネを目的として開発された

ハイブリッドカーと電気自動車です。

ハイブリッドカーはトヨタ・ホンダが先行して開発し、実際に多数のクルマが利用されており、

様々な場面で成果をあげています。


このハイブリッドカーというのは、通常のクルマに搭載されているガソリンエンジンと電気の

モーターを利用し、始動時にモーター、一定の速度に達するとガソリンエンジンに切り替わる

という仕組みになっており、ガソリンエンジンだけの場合に比べて大幅に燃費向上を果たし、

環境に対してもCO2の排出量を減少させ、時代に即したクルマとして脚光をあびています。


そのハイブリッドカーをさらにしのぐクルマとして研究開発されたのが電気自動車です。

電気自動車は、電気のモーターだけで走行することができ、大気汚染の元凶とされるCO2の

排出量がゼロということで、クルマの研究開発の帰結点といえるのではないでしょうか!


三菱のI-ミーブ、日産のリーフが先行して出された電気自動車です。


これから各社とも電気自動車の研究開発に取り組み、市場に送り出すことになると思いますが、

環境にやさしく余計なエネルギーを使わないエコカーは、世界のニーズに応えることができる

クルマとして益々シェアを伸ばしていくことと思います。


販売台数が徐々に増えれば、単価が安くなり、あらゆる方にもお手頃価格で手に入れることが

できるようになると思いますので、もっともっと普及し、地球にやさしいクルマとして

みんなに愛されるようになることを切に願っています。
posted by 101匹ニャンチャン at 08:25| 大分 | Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

クルマの地デジ対応はお済ですか?

これまで盛んに地デジ対応に関する宣伝がテレビで行われてきましたが、よく考えたら

家庭用のテレビだけではなくて、クルマに搭載されているテレビの地デジ対応も行わないと

テレビが見られなくなってしまいます。車(セダン)

クルマの場合は地デジチューナーというものがあって、これを購入し、取り付けることにより

地デジを見ることが出来るようになります。車(RV)

まだ、クルマの地デジ対応がお済でない方は、7月に地デジへの完全移行前にチューナーを

ご購入いただき、お取付いただくことをお勧めします。TV

ラベル:クルマ 地デジ
posted by 101匹ニャンチャン at 00:46| 大分 | Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする