2008年01月10日

あこがれのジャズピアニスト

私はジャズがこの上なく好きです。

ジャズについての豊富な知識などはありませんが、ジャズを聴くのが大好きで、アップテンポのジャズを聴いていると、自然と体がスウィングしてきてボン・ボン・ボンと調子を取りたくなります。

ジャズが本当に好きな方なら、よくお分かりになると思います。

私は今とてもチャレンジしたいと思っていることがあります。

このブログで何度もご紹介させていただいておりますが、

映画 「カサブランカ」のワンシーンで、バーのかたすみで、

永遠の恋人 ハンフリー・ボガートと永遠の美女イングリッド・バーグマンが愛を語り合う・・・君の瞳に乾杯!!とお酒をくみかわす
このシーンにピッタリな曲・・・そうですこれが As Time Goes By
(時の過ぎ行くままに)です。

黒人のピアニストが奏でる「As Time Goes By」が最高にその場のシチュエーションを盛り上げてくれます。

私はこのジャズピアノにとても憧れを持っていて、いずれ弾けるようになったらいいなと思いながら、練習に励んでいます。

まだまだ素人なので、とても人に聴かせられるようなものではありませんが、私の当面の目標は、As Time Goes By が弾けるようになることです。

時間がかかるかも知れませんが、きっと弾けるようになり、機会があれば、皆さんにお聞かせしたいと思います。

何年かかっても夢は実現したいと思います。

それでは、本日のブログはこのへんで終わりにします。

あなたがふたたび私のブログにおいでになり、私と同じテーマについて考え、同じ時間・同じ空間を共有することができたら、何て素敵なことでしょう!!

あなたとふたたびお会い出来る日を、楽しみにしています。

それではまた、お会いしましょう!!手(パー)

君の瞳に乾杯!!ぴかぴか(新しい)

As Time Goes By (時の過ぎ行くままに)るんるん
posted by 101匹ニャンチャン at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック