2008年01月04日

いのちの輝き最終章

私が尊敬し、私が大ファンのカメラマンが天国に召されました。

昨年の暮れから容態が急変し、お正月の2日に亡くなられたそうです。

本日お葬式に参列してきました。

祭壇に飾られた写真を見ても、彼が亡くなったということが今だに信じられません。

人の死というものは、運命であり、受け入れなければならないものなのでしょうけど、かつてはあんなに元気で私に微笑んでくれた彼が亡くなるなんて信じたくありません。

素晴らしい才能を持ち、人々に自然の造形の美しさ・素晴らしさを教えてくれて、とても彼には感謝しています。

彼はまだまだやらなければならないことがたくさんあったのに、本当に惜しまれます。

私たちは彼の意志を受け継ぎ、写真の素晴らしさを広く世に伝えて参りたいと思います。

今日は悲しい締めくくりとなってしまいましたが、明日からは彼が自分たちのそばで見守ってくれているんだという想いを胸に抱き、充実した日々を送っていきたいと思います。

もう涙は見せません。

それでは本日のブログはこのへんで終わりといたします。

あなたがふたたび私のブログにおいでになり、私と同じテーマについて考え、同じ時間・同じ空間を共有することができたら、何て素敵なことでしょう!!

あなたとふたたびお会い出来る日を、楽しみにしています。

それではまたお会いしましょう!!

君の瞳に乾杯!!

As Time Goes By (時の過ぎ行くままに)
ラベル:いのち 友達 天国
posted by 101匹ニャンチャン at 23:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック