2007年11月30日

ハッピークリスマスPART2

恋人たちは愛をはぐくみ、家族はみんなのしあわせを願う、これがクリスマスの意義だと思います。

ところが最近、悲惨な事件が後を絶ちません。

親が子を手にかけ、子が親を手にかけるという何ともむごい事件が次から次へと発生し、とてもこころを痛めています。

以前もブログでお話ししたことがあるのですが、もう一度ここでいのちについてお話ししたいと思います。

いのちは愛の最高の到達点として、神から与えられたものであり、いのちより崇高なものなどこの世の中には存在しません。

いのちには限りがあり、その限られた時間を有意義に、悔いのないように生きることが、人としての役割だと思います。

神様から与えられた大切ないのちを全うすることなく、奪ってしまうことは最大の罪です。

きっと本当にこの世の中に神様がいらっしゃるとすれば、神がこの世に送り出し、しあわせになってほしいとあふれんばかりの愛情を注いだいのちが失われていることに対し、悲しみに打ちひしがれているのではないでしょうか。

一つ一つのいのちを大切にし、悲惨な事件が起きないように、まず家族が愛情を持って家族全員を守っていこうと決意すること、この想いを持つことが大切なのです。

もうすぐクリスマスです。

この日を家族が一つになり、いのちを育むことに想いをよせる大切な一日になることを願っています。

それでは本日のブログはこのへんで終わりにします。

あなたがふたたびこのブログにおいでになり、私と同じテーマについて考え、同じ時間・同じ空間を共有することができたら、なんて素敵なことでしょう。

あなたとふたたびお会い出来る日を楽しみにしています。

それではまたお会いしましょう。揺れるハート

君の瞳に乾杯!!

As Time Goes By (時の過ぎ行くままに)

ブログランキング

一人でも多くの方にこのページをご覧いただき、いっしょになって考えていきたいと思っています。ぜひご投票をお願いします。

posted by 101匹ニャンチャン at 21:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック