2007年11月06日

ちいさないのちPART12

いつもウォーキングをしている公園でまたちいさなこねこを見つけま

した。猫

きっと誰かに捨てられたのかも知れません。

片手に乗るぐらいのちいさなねこです。

竹やぶから小さな鳴き声がしてくるので、呼ぶとちいさなねこが出て

きたんです。

雨が降ってこんな寒さの中で必死に生きているこねこをなんとかして

助けてあげたいと思ったのですが、家にはすでに3匹のねこがいてと

ても飼う事ができません。

たまたま持っていた食べ物を少し与えてやり、その場をあとにしまし

た。

とてもあのねこのことが気がかりでしょうがありません。もうやだ〜(悲しい顔)

寒さに負けず、力強く生きてくれればいいのですが。

この公園に行くたびに捨てられるねこの数が増えているように思われ

ます。

飼えなくなったから捨ててしまうというのは人間のエゴです。

動物を飼い始めたら、死を迎える最期の瞬間までめんどうを見てあげ

るのが飼い主としての役割ではないでしょうか。

動物も人間もこの世に生を受けた同じ一つのいのちを持っているので

す。

生涯わが子として、大切に育てましょう。猫

それでは本日のブログはこのへんで終わりにします。

あなたがふたたびこのブログにおいでになり、私と同じテーマについ

て考え、同じ時間同じ空間を共有することができたら、何て素敵なこ

とでしょう。ぴかぴか(新しい)

あなたとふたたびお会い出来る日を楽しみにしています。揺れるハート

ではまたお会いしましょう。揺れるハート

君の瞳に乾杯!!

As Time Goes By (時の過ぎ行くままに)


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』



ブログランキング



にほんブログ村 猫ブログへ



posted by 101匹ニャンチャン at 21:04| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック