2007年06月23日

映画と往年の名車のコラボレーションPART5

今日で映画と名車のコラボレーションもPART5となりました。

皆さんは日産の前進でダットサンという名前を聞いたことがありますか?

昔は日産という名前を使わずに、ダットサンブルーバード・ダットサ

ントラック・ダットサンフェアレディーZなど一世を風靡した名車が

たくさんありました。石原裕次郎や小林旭の出演する映画にも、日産

の往年の名車がたくさん出てきます。

古い映画を見ていてこれらの歴史的名車が出てくると涙が出そうにな

るぐらい感動を覚えます。

古き良き時代を顧みる、ノスタルジーなのでしょうか。

現代にも名車といわれるクルマは山ほどあります。しかし、戦後徐々に日本が復興していく中で、時代の先端を走る

自動車は、生活に困窮していた国民に夢と希望を与えるものであ

ったと思うのです。

これはトヨタ自動車の宣伝ロゴですが「いつかはクラウン」とい

うフレーズがあります。

これはお客様の心理を非常によく掴んだ言葉で、いつかきっと

トヨタの高級車クラウンに乗ってみたいとあらゆる年齢層の方が

思ったに違いありません。

いかに時代を先取りするかが、競争に勝つための原則ではないか

と思います。

ノスタルジーを感じる古い歴史のある映画を見る時に、時代を先

取りした産業・人々がその後どのような歴史のうねりの中で変遷

していったかを知ること、これは非常に興味のあるところです。

歴史の流れがあって今がある、つまり歴史の流れを知らなければ

なぜ今のような社会現象・文化があるのか理解できないというこ

となんです。

みなさんどうか歴史ある映画をたくさん見て、ノスタルジーに浸

ってみてください。そして歴史の流れを、あなた自身の目でしっ

かりと見てください。

それでは本日のブログはこのへんで終わりにします。

またあした、このブログでお会いしましょう。

私のおすすめ映画館
別府ブルーバード劇場
なかむら珈琲店
別府市北浜1丁目2番12号
TEL(0977)23-1272

ブログランキング



ユナイテッド・シネマ映画チケット&会員登録アフィリエイト
posted by 101匹ニャンチャン at 09:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック