2015年09月08日

司法試験試験問題漏洩事件について考える

司法試験の問題を学生に漏洩させたということで大学教授が現在事情聴取を

受けているそうですが、少なくとも問題作成に携わった大学が教え子の女性に

問題を教えるということは完璧にコンプライアンスに違反することであり

許されるものではありません。

この日のために精一杯勉強し合格を目指してきた方々に対し顔向けができるの

でしょうか?発覚しなければ大丈夫と思ったのであればあさはかな考えだったと

思います。

自分が恩恵を被ったからその見返りとして利益を享受するというのはいろんな

世界にありがちな話ですが、こんなモラルに反することは二度とやらないで

いただきたいと思います。

個人的な情が起こした事件だと思いますが、こんな事件が起きるたびに、

悲しくなってしまいます。

個人的に情を感じる学生がいても、教授としてすべての受験生を平等に扱い、

誰一人特別扱いはしない、これが大学教授としての常識です。

もう二度と同じ過ちを犯さないようこころから願っています。


にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村
ラベル:事件
posted by 101匹ニャンチャン at 17:41| 大分 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック