2015年08月09日

長崎に祈る!!

70年前の今日、広島に次ぎ長崎に原爆が投下され、7万人以上の尊いいのちが

犠牲となりました。

同日にソ連軍が満州の国境線を超え進撃し、6日後の8月15日、日本は敗戦と言う形で

長かった太平洋戦争が終結したのでした。

戦争と言うのは悲惨なもので、軍人だけではなく民間人も必ず犠牲となります。

広島や長崎に投下された原爆が本当に必要だったのかよく議論になりますが、

アメリカでは戦争を早く終結させるためには必要なことだったというのが定説になって

います。日本にはもう戦う力などなにもなかったのに追い打ちをかけるように原爆を

投下したのはアメリカを中心とする日本に対する戦後処理がアメリカ主導で行われる

ようにするためで、私は必要のない爆弾投下だったと思っています。

この爆弾の投下さえなかったら、27万人以上の方々が亡くなる必要がなかった、

そしてこの亡くなった方々の子孫があらたなしあわせを求めて家族を作り、

しあわせの連鎖で、子・孫・ひ孫の方々が家庭を持つことができたのにと思うと、

悲しくて仕方がありません。

もう戦争は終わりにしましょう!

あんなに悲惨な太平洋戦争・第二次世界大戦を経験し、もう二度とあんなに悲惨な

戦争を起こすまいと誓ったはずなのに日本の戦後、世界では何度も戦争・紛争が起き

罪もない多くの女性や子供が犠牲になっています。

必要なのは、違う政治体制・違う宗教・違う民族であったとしてもお互いが理解しあう

思いやりのこころだと思います。

利己主義に陥ることなく、人のためにどれだけ自分が役に立てるのかよく考えて

新しい時代を創造してまいりましょう!!

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村
ラベル:長崎 原爆
posted by 101匹ニャンチャン at 07:40| 大分 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック