2012年08月03日

Original Short Story 〜終戦記念日にて〜

8月15日は終戦記念日です。

お父さんと小学生の幸ちゃんが、戦争のことについて語り合っています。

どんなお話しをしているのでしょうか?

ちょっと耳を傾けてみたいと思います。

どれどれ・・・・・・・???


お父さん:幸ちゃん、もうすぐ8月15日だけど何の日か知ってる?

幸ちゃん:もちろんだよ!学校の社会科の授業で習ったけど、太平洋戦争が終結した日
なんでしょう?

お父さん:そうだね!昭和20年8月15日に、日本は当時の連合国から出されていた
ポツダム宣言を受諾し、長かった戦争が終わった日なんだ!!

幸ちゃん:戦争が終わって何か変わったの?

お父さん:一番変わったことと言えば、アメリカ占領軍(GHQ)の指導のもとに、財閥解体
平和憲法の制定・教育制度改革・政教分離の原則などが決められたんだ!!

幸ちゃん:ぼくが一番疑問に思っているのが、日本って世界で最初に原子爆弾が投下されて
何十万人もの犠牲者が出たんでしょう?だったら日本も戦争の被害者になるんじゃないの?

お父さん:そうなんだ、戦争には勝者も敗者も被害者も加害者も無い、国の数だけ正義があり、
宗教や人種の違いが原因となって戦っているいる人たちがいるんだ!!

幸ちゃん:戦争を永久に無くす方法って何か無いのかな?

お父さん:有史以来、おびただしい数の戦争が起き、たくさんの人がいのちを失って来たんだ!
これまでにも幾度となく話し合いが持たれ、戦争を抑止するための涙ぐましい努力が積み重ね
られて来たけど、結局戦争は無くならないんだ!!

幸ちゃん:ぼく地球国の大統領になって、地球上から全ての武器を無くして平和な国を作りたい!
もう武器を持って戦うような時代じゃないよ!!
もっとみんなで仲良くして、楽しく住みやすい地球にしようよ!!

お父さん:幸ちゃんが大統領になりたいんだったら、もっといっぱい勉強して何でも分かるような
知識を身に着けないといけないな!まずは学校の勉強をしっかりやって、先生を質問責めにする
ぐらいいろんなことを覚えるんだ!!それからこれが一番大切なことなんだけど、弱い子をいじめ
たら絶対にだめだぞ!!気の弱い子がいじめられていたら助けてあげられるぐらい強くなれ!!
学校のいじめが徐々にエスカレートして人を虐待するようになるんだ!!
一般社会では権力者が弱いものを虐待し、国家間では強い国が弱い国を押さえつける。
これが戦争の起こる根源なんだ!!だから、まず学校でいじめがなくなれば、巡り巡って世界は
平和になるってことなんだよ!!

幸ちゃん:お父さんぼくなんだかよく分かったような気がするよ!!
ぼくスーパーマンのように弱い立場の人を助けられる強い人間になるよ!!
だから今の内にいっぱい勉強して何でも分かるようになるから、ずっとぼくのことを
見ていてね!!きっと夢を実現してみせるよ!!世界の平和のために!!・・・・・・・end


後書き
このショートストーリーはフィクションですから、私の想像上のお話しですが、
このストーリーのように親子で戦争と平和についていっしょに話す機会を持つというのも
必要かも知れません。最近は親子の会話の時間が少なく、お互いの想いをぶつけ合うという
ことが出来ませんから、ぜひ時間を作って親子の絆を深めていただきたいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
人気ブログランキング


blogram投票ボタン
ブログラムランキング

posted by 101匹ニャンチャン at 01:05| 大分 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック