2011年11月18日

RJCカーオブザイヤーに日産リーフ選ばれる!

自動車の評論家のみなさんで構成されている日本自動車研究者ジャーナリスト会議(RJC)が、

今年のRJCカーオブザーイヤーに日産の電気自動車『リーフ』を選出したという記事が

昨日の新聞に載っていました。

新聞を開いていきなりリーフの写真と記事が載っているのを見て目を疑いましたが、

記事を読み進めるうちに、もう時代は環境対策のクルマを選ぶ時代になったんだという

感動を覚えました。

カーオブザイヤーというと、どうしてもスポーティーで若者に絶大な人気を誇るクルマ

といったイメージがあったので、電気自動車リーフがカーオブザイヤーに選ばれたという

ことがはじめは信じられませんでした。

電気自動車リーフは、ガソリンエンジンではなくリチウムイオンバッテリーを搭載して

モーターの回転を利用するという仕組みになっているので、ガソリンを一切使わず

CO2の排出がゼロという夢のようなクルマです。

フルに充電して走行可能距離が200Km、急速充電器で充電すると30分で80%まで

充電することができます。

私も環境を守るために長い研究の末開発された電気自動車がますます増え、大気汚染の

元凶であるCO2を一切排出せず、今ある地球の環境が維持されることをこころから

祈っています。

科学技術の進歩は目覚ましいものがあります。

人にやさしく、美しい地球環境を守ることを最大のテーマとして、各企業が新商品開発に

向けて取り組んでいただきたいと思います。


まずは電気自動車リーフがRJCカーオブザイヤーに選出されたことを喜ぶと同時に、

一台でも多く普及することを願っています。



ブログの人気ランキングに参加中です。ぜひクリックしてくださいね!!

人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



posted by 101匹ニャンチャン at 01:33| 大分 | Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック