2011年10月24日

本屋さんにて

私は本を読むのが好きで、よく本屋さんに行って本を見て回ります。

その時いつも感じるのが、本屋さんやコンビニで立読みをしている

人があまりにも多いことです。

本屋さんに置いている本は商品ですから、最初からどんどん

読み進めて読破しそうな勢いで活字を読んだり写真をご覧に

なるのはどんなもんだろうといつも思っています。

本と言うのは活字や写真そのものが商品ですから、どうしても

読みたければ買うのが当然だと思うのですが・・・・・。


本を立読みするのは、コンビニで陳列棚に並べられている

パンやお弁当を買わずに食べてしまうようなものですよ!!

これは絶対にいけませんし、本は販売者にとってみれば

大切な財産なんです。

金額の大きい小さいの差はあるかも知れませんが、

家を買ったり、クルマを買ったりするのと同じだけ

価値のあるものなんですよ!!


本は、自分がお金を出して買って読むことにより、初めて

その価値が出てくるのだと思います。


その本が、どんな内容なのか知りたければ、中をどんどん

読み進めてしまうのではなく、目次を見てその本のテーマが

何であるかを知り、自分の気に入ったものであれば

買えばいいと思います。


もう本屋さんやコンビニで本や写真集を買わずに

長時間にわたって立読みなんかしちゃだめですよ!!

今日からは読みたい本はちゃんとお金を払って買い、

家でゆっくりご覧になってくださいね!!

それではまたお会いしましょう!!


ブログの人気ランキングに参加中です。ぜひクリックしてくださいね!!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村
ラベル:本屋
posted by 101匹ニャンチャン at 01:03| 大分 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック