2011年07月28日

8月が来るたびに・・・・・続き

8月が来るたびに平和について考えさせられます。

昭和20年8月6日、そして9日には長崎に原爆が投下され、おびただしい数の人命が

失われました。

8月15日には日本政府は無条件降伏し、長きに亘った太平洋戦争は終結したのでした。

廃墟の中から日本人は絶え間ない努力により現代のような繁栄を手に入れることが出来たのは

奇跡のようにも思えます。

戦後66年目の終戦記念日を迎え、日本が世界に向けて平和のメッセージを発信してはどうかと

思います。

今東北は大震災により被害を被り、さらに原発事故により避難し、自宅に戻れない方々が

たくさんいらっしゃいます。

66年前に原子爆弾で大きな被害を受け、今原発事故で避難生活を余儀なくされる日本人にとって

原子力と言うものをよく考える時期に来ていると思います。

原子力エネルギーは次世代エネルギーとしてなくてはならないものとなっていますが、核廃棄物の

処理をどうするか、まだ確実な方法が見つかっていない以上、このまま積極推進と言うのは

いかがなものかと思わざるを得ません。

また、今回の事故のように、大量の放射能汚染を引き起こし、大気・土壌・食物などが汚染され、

食の安全が問われています。

放射能は長い年月を経て、徐々に健康被害を引き起こし、DNAが損傷を受け、ガンを発症する

危険性があります。

産業の発展の為に究極のエネルギーとして発展してきた原子力ですが、安全性が立証されるまで

もう少し慎重になった方がいいのではないでしょうか。


8月は平和についてよく考えるべき月であると同時に、これまで人類が歩んできた道筋が間違って

いなかったかどうかよく検証し、美しい地球を後世に伝えることを人類すべてが考え直す月に

したいものです。


ランキングに参加中です。ぜひクリックしてくださいね!!
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


posted by 101匹ニャンチャン at 07:31| 大分 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック