2011年05月20日

電気自動車に大いなる期待を!!

次世代のクルマとして注目されているのが、環境対策と省エネを目的として開発された

ハイブリッドカーと電気自動車です。

ハイブリッドカーはトヨタ・ホンダが先行して開発し、実際に多数のクルマが利用されており、

様々な場面で成果をあげています。


このハイブリッドカーというのは、通常のクルマに搭載されているガソリンエンジンと電気の

モーターを利用し、始動時にモーター、一定の速度に達するとガソリンエンジンに切り替わる

という仕組みになっており、ガソリンエンジンだけの場合に比べて大幅に燃費向上を果たし、

環境に対してもCO2の排出量を減少させ、時代に即したクルマとして脚光をあびています。


そのハイブリッドカーをさらにしのぐクルマとして研究開発されたのが電気自動車です。

電気自動車は、電気のモーターだけで走行することができ、大気汚染の元凶とされるCO2の

排出量がゼロということで、クルマの研究開発の帰結点といえるのではないでしょうか!


三菱のI-ミーブ、日産のリーフが先行して出された電気自動車です。


これから各社とも電気自動車の研究開発に取り組み、市場に送り出すことになると思いますが、

環境にやさしく余計なエネルギーを使わないエコカーは、世界のニーズに応えることができる

クルマとして益々シェアを伸ばしていくことと思います。


販売台数が徐々に増えれば、単価が安くなり、あらゆる方にもお手頃価格で手に入れることが

できるようになると思いますので、もっともっと普及し、地球にやさしいクルマとして

みんなに愛されるようになることを切に願っています。
posted by 101匹ニャンチャン at 08:25| 大分 | Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック