2011年05月08日

My Original Poem

Paper Blog Monthly News『Life Is Beautiful』5月号に掲載のポエムです。

端午の節句を迎えるに当たり、今では一家の大黒柱となった息子が、年老いた母に宛てた

一通の手紙です。

昔を懐かしむと同時に、父親として妻と子供を守ることに目覚め、一回りも二回りも成長した

自分から、自分をここまで育ててくれた母に対する感謝の気持ちがいっぱい詰まった手紙です。

タイトルは、『家族、わが命』です。(この手紙はフィクションです)



お母さん、あなたは私が子供の頃、いつもけんかして泣きべそをかいていた私にこう言ってくれまし


たね!


「お前は男ぞ、もっと強くなれ、もう一度けんかして勝ったら帰ってこい!!」


あの時の言葉が、毎年この日を迎えるたびに私の脳裏を過ぎります


私は今では一家の大黒柱


妻と子供に恵まれて、何不自由ない生活を送っています


あの時の厳しい言葉があったからこそ今の自分があるんです


妻を守り、子供を守り、男として生涯守るべき家族ができ


男は強くあるべしと、母がしかってくれたあの時の言葉を忘れず


自分の家庭を守り抜きます


これぞ天より私に与えられし大きな役目


妻を生涯愛し、子供が立派に成長するまで


片時も気を抜くことなく、大黒柱であり続けたいと思います


三日後には母の日がやって来ます


この手紙は、私の父親としての決意を表したものであると同時に


母に日にあたり、お母さんに感謝の意を込めて書いたものです


どうぞお元気で、そしていつまでも私たちの家族を


見守っていて下さい


こころやさしきお母様へ・・・・・泣き虫だった息子より・・・・・end
posted by 101匹ニャンチャン at 01:05| 大分 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ポエム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック