2011年04月02日

自粛ムードにひと言

東日本大震災後、各地で自粛ムードが漂っています。

災害で亡くなられた方、被災され苦しい避難所生活を送られている方々の心情を思うと、

イベントを自粛するとか、物の購入をできるだけ控えるようにしようとか、全国的に

自粛ムードとなっています。

ただ、大打撃のあった日本経済を再生させるためには、自粛するよりも、逆にもっとお金を使い

日本経済にお金を流通させることにより、経済再生のための起爆剤にしなければならないと

思うのですが。

自粛ムードによって物を買わなければ市場からお金が減少し、企業の収益も悪化、個人個人の

収入も減ってますます購買意欲がなくなって企業の収益が減り、企業の存続も危うくなる、

要はデフレスパイラルの状況に拍車がかかることになります。

個人個人が物を購入することにより、そして企業が収益を上げることにより、税金が確実に

国に収められ、その税金を有効に被災地対策として使うことが出来ることを考えると、

自粛ムードに乗るのではなく、積極的にお金を使い、お金を使うことが結果的に被災者を救援

できるのだということをよく考えましょう!!

被災者の苦難を自分のことのように思い、ご支援をさせていただくのは絶対に大事なことです。

それと同時に、経済をうまく循環させていくということも絶対に必要です。

この二つを同時にやっていけば被災地の復興も必ず実現できると信じています。

ただ、今直ちに必要のないものまで買いだめに走るのはよくないことです。

普通の生活を送るのに、必要なものだけ買う、要は今までと何ら変らぬライフスタイルを送る

ことで、被災地復興に少しでも役立てるように、皆様のご協力をお願い申し上げます。
ラベル:東日本大震災
posted by 101匹ニャンチャン at 07:19| 大分 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック