2010年08月20日

華麗なる宝塚の宴

先日、久しぶりに宝塚のビデオを見ました。

今ドラマやCMで大活躍の真矢みきさんが花組トップスターだったころの

ビデオで、タイトルは『スピークイージー』です。

何度見ても、真矢みきさんの男役って最高に素敵ですね!!

宝塚の歴史を変えたと言われるぐらい独特な役作りと男の美学にこだわる

その姿勢は、賞賛に値すると思われます。

主人公はマックというシカゴギャングのボスですが、この舞台のストーリー

展開が面白いですね!!

マックの半生を描いた本の内容が、正しく自分のことを表現していないと

文章の書き換えを作者に迫るといった内容です。


この時代の花組は、愛華みれや匠ひびきなどの役者がそろっていて、

舞台も面白いし、何といってもレビューが美しいですよね!!

男装の麗人とか、集団の美学という言葉がふさわしく、女性が男装し、

本当の男以上に男を演じきることの素晴らしさは、歌舞伎に相通じるものが

あると思います。


これからも真矢みきさん以上に男を演じきることができる方が一人でも

多く輩出されることを願っています。


VIVA 宝塚 !!


ランキングに参加中です。
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村
posted by 101匹ニャンチャン at 07:22| 大分 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック