2010年08月08日

長崎にひびく平和の鐘!!

昭和20年8月9日、広島に次いで長崎に原子爆弾が投下されました。

長崎には佐世保という場所があり、ここには日本海軍の軍港があったため

原爆攻撃の標的にされたと言われています。

広島に原爆が落とされたのも、呉に軍港があったためこれを攻撃するためと

言われています。

もともと核攻撃の対象となっていた地域はもっとたくさんあり、京都・横浜

小倉などもその対象となっていたそうです。

広島・長崎攻撃後、日本が無条件降伏したため、その他の地域に核爆弾が

落とされることはありませんでした。

しかし、核爆弾による被害と言うのは、爆弾が爆発した時だけではなく、

放射能を浴びたことにより、遺伝子にキズが付き、細胞が突然変異すること

により、ガンが発症するという遺伝的な障害が起き、被爆した本人だけでは

なく、子や孫そしてその子孫に渡ってまで、大きな被害を被る可能性がある

恐ろしい兵器です。

毎年この時期になると、長崎では平和の鐘が鳴り、平和を祈る人々の姿が

映像に映し出され、私たちも平和の尊さと、平和な世界を守り続けることの

大切さをあらためて感じずにはいられません。

核兵器が廃絶され、核の脅威から解き放たれるのはいったいいつになるので

しょうか?



ランキングに参加中です。
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村 
ラベル:長崎 原爆 平和
posted by 101匹ニャンチャン at 00:38| 大分 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック