2010年06月03日

本当のやさしさってなんでしょう?

本当のやさしさっていったい何をさすのでしょう?

やさしい言葉をかけてあげること?

やさしく話しを聞いてあげること?

確かにそれも一理あるでしょう。

韓国ドラマで冬のソナタが大変な人気を博し、多くの女性の涙を

誘いました。

主人公のペ・ヨンジュンがチェ・ジウをを見つめる時のまなざしは

まさにやさしさに包まれていて、あー、これが愛なんだと言えるような

素敵なドラマだったと記憶しています。

このドラマの原点は愛とやさしさであり、人間にとって最も必要とされ

るこころだと思います。

では、やさしさってそれだけでしょうか?

その人のことを思ってしかってあげるのもやさしさのひとつだと思いま

す。

その人が正しい道からそれてしまいそうになった時に、知らんぷりする

のではなくて、心の底から思いを込めてしかってあげるべきだと思いま

す。

しかるのも二通りあって、相手のことを思い、向上してほしいがために

しかる、もう一つは怒りが爆発してしかる、ただこの場合は愛情の

かけらもありませんから、こんなしかりかたはやめたほうがいいと

思います。

しかられる方が、自分は愛情を持ってしかられているんだなって思える

ようなしかりかたをしましょう!!

ただ感情にまかせて怒りを爆発させるようなことは今後やめるように

しましょうね!!

それではまた、お会いしましょう!!


ブログのランキングに参加中です。ご投票をお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村
posted by 101匹ニャンチャン at 00:51| 大分 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック