2009年08月09日

長崎の哀しい歴史を想う

今日は長崎に原爆が投下されてから64年目にあたります。

今日は朝から雨が降っていますが、きっと神様の悲しいなみだ雨

が降り注いでいるのかな、と言えるような雨模様です。

8月6日には先に広島に原爆が投下され、これに引き続き長崎にも

投下され、おびただしい数の罪無き人々のいのちが失われました。

戦争には勝者も敗者もなく、いったん核戦争が起きてしまったら、

地球規模での災害がおこり、人類の生存にかかわるぐらい恐ろしい

結果を招くこととなります。

人間には学習能力があるはずです。

過去に起こした戦禍を二度と繰り返さないための惜しみない努力が

必要です。

世界の平和のために、自分ができることは何なのか、ひとりひとりが

よく考えなければならない時代になったいえるでしょう。

長崎に甚大な被害が発生した64年前の原爆投下の日にあたり、

戦争と平和について考えてみました。



ブログのランキングに参加しています。ポチッと一押しお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ


かつて私が投稿したブログのバックナンバーを、少しずつでも
かまいませんから、ぜひ読んでみてくださいね!!
あなたへのメッセージがふんだんに盛り込まれています!!ハートたち(複数ハート)


ぜひお気に入りに登録してね!!わーい(嬉しい顔)


※あなたもぜひサイドバーのクリック募金にご協力下さい揺れるハート
ラベル:長崎 原爆 戦争
posted by 101匹ニャンチャン at 08:03| 大分 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック