2009年07月15日

嵐の予感

今日もポエムを作ってみました。

タイトルは、「嵐の予感」です。



空には真っ黒な雲が覆い尽くし、これから訪れる嵐を予感させる


どんなに逃れようと思っても誰も逃れられない


空を飛ぶ鳥たちも、嵐を予感してはるか遠くに飛び去っていく


どんな嵐が来るのか全く分からない


空虚で深い悲しみを与えてしまう巨大な嵐


我々はただじっと巨大な嵐が通り過ぎるのを待っているだけ


いつかサンサンと輝く太陽の光が差し込むときが来るのだろうか


じっとたたずみ、ただ待ち続ける


真実の光を




このポエムの意味を想像してください。

単なる嵐がやってくることに対する恐れなのか、嵐は例えであって

計り知れない混乱に対する備えを喚起するものなのか、今社会は古い

秩序と新しい変革のせめぎ合いの中で、大きく変わろうとしています。

その動きをポエムにし、あなたもこの変革の真っ只中にいるということを

実感していただきたいと思い、ポエムを作りました。

どうかあなたが主人公であるということを決して忘れないで下さい!!

それではまた、お会いしましょう!!



ブログのランキングに参加しています。ご投票をお願いします!!

にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ
にほんブログ村

かつて私が投稿したブログのバックナンバーを、少しずつでも
かまいませんから、読んでみてくださいね!!
きっと生きる希望がわいてくると思います!!


ぜひお気に入りに登録してくださいね!!
ラベル:ポエム 予感
posted by 101匹ニャンチャン at 16:44| 大分 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ポエム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック