2009年03月19日

常識・非常識

アメリカの某大手生命保険グループが、経営危機のため政府から

膨大な資金援助を受けながらも、幹部社員に対し高額な賞与を支給

したという報道がなされました。

受け取った額の多い者で、約6億4千万円もの賞与の支給を受けた

者もいたということで、あまりの非常識な会社の対応に開いた口がふさ

がりません。

もともと賞与というものは収益が出たときに分配されるものですから

この生命保険グループのように、巨額の負債を抱えて経営に行き詰まり

政府に資金援助を受けているにもかかわらず、幹部社員に支払われる

というのは、どう考えても理解できません。

アメリカの公聴会で、某巨大自動車メーカーの代表者が、ジェット機で

乗り付けて資金援助を申し出るというのも、あまりの常識のなさに

理解に苦しみます。

経営者というものは、最善を尽くし、もうこれ以上打つ手がないという

ところまであらゆる方策を打ち、支援を要請するなら理解できます。

中小企業の経営者のみなさんは、経済の悪化のため収益が激減し、

あらゆる手を尽くしてこの難局を乗り切ろうと努力されています。

収益が出せなければ銀行の借り入れ条件が厳しくなったり、貸付

そのものがストップしたりするおそれがあるからです。

このような血のにじむような努力をされている方々がいる一方で、

常識のない経営者もいるということは嘆かわしいことだと思います。

現場で、家族を守るため血のにじむような努力をされている労働者が

たくさんいる中で、経営者はこの現場の方々の生活を守り、安心して

働ける会社環境を作るのも、大切な役割だと思います。

一日も早く経済が安定し、経営者も労働者もみんなが笑顔で働ける

ような時代が早く訪れることを、こころから望みます。

それでは本日のブログはこんへんで終わりにしたいと思います。

それではまた、お会いしましょう!!


ブログのランキングに参加しています。ご投票をお願いしまーす!!

ブログランキング・にほんブログ村へ


かつて私が投稿したブログのバックナンバーを、少しずつでも
かまいませんから、ぜひ読んでみてくださいね!!
あなたへのメッセージがふんだんに盛り込まれています!!


※ぜひお気に入りに登録してね!!揺れるハート
ラベル:常識 非常識
posted by 101匹ニャンチャン at 07:17| 大分 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック